現代でも効果的なのぼり広告

展示会の会場で利用されるアイテムにのぼりが存在します。中でも来る人が大勢いる場所では目印になるので、出来る限り大きくて目に付くものを使うことで、多くの来場者の目について良い結果を与えてくれるでしょう。
決まった曜日や日にちに大売出しや値引きをするスーパーの店頭に「本日売り出し」「カード会員デー」と打ち出したのぼりが立つと、この機会を活かすべく行かなくてはなどの焦りが掻き建てられ、配布チラシとともに効果を見せ店頭が賑わった感じに作られて入店時の充実感も増します。
爽やかに本場所や地方場所で盛り上げる大相撲ののぼりは、明治後期国技館が開館するときに一時姿を消すことになりましたが、昭和20年代に再度姿を現し、今場所も相撲への期待を高めており、横綱や人気力士だけでなく、立ち行司、立ち呼出、力士の髪床、部屋の名前などののぼりも出ており、支える人への気配りは晴れやかな心持ちを感じさせます。

せっかくのぼりを別注するのだから多少高くても全部カラーでしようという思いはNOです。極端に言うと、白色に黒の文だけののぼりは見た目にインパクトのある雰囲気を与える事もあります。高ければよいのぼりが出来るかと言うとそれは間違いです。まずは目立つ事。これが原点です。
店頭に置くのぼりは幅60cm長さ180cmが中心的な大きさで、狭い時には45cm×180cmが多く、大きく表現したい時には長さ4mのものも使われ、さらに色々なサイズが作らていますが、ポールが2弾伸縮3mのことが普通なので、大きめの男性と同じくらいの高さが使いやすく感じられます。
巨大なのぼりとは反対に可愛いミニのぼりも人気があります。ショップの商品の脇に簡単な説明書きを書いて飾ったり、外側から眺められる様にガラス戸に吸盤で貼ったり、随所の広告に使えます。他には店舗の開店記念などのプレゼントとして渡される場合があり身近なアイテムとされています。

群雄割拠の時代を描いた衝立などを見ると、自軍と敵の軍を見分ける目的や武将の戦績を目立たせるためにのぼり旗を片手に参戦していた様子が捉えられ、武田軍の「風鈴火山」、上杉軍の「毘」、真田軍の六門連銭など個性的なのぼりもあり、のぼりには気概が出ています。
平安時代の頃ののぼりには部隊の家紋程度しか示されていませんでしたが、近年ののぼりはいろいろな用途で利用されるため、図柄も実に豊かです。商店などの開店ののぼりやお相撲さんののぼり、はたまた、デモ隊が持つのぼりなど、どれも見る人に高い影響を伝える工夫がこめられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *